転職をしませんか?重い腰があがるコンテンツが登場

円滑に転職するためには

転職活動はすぐに内定をもらえることもあれば長期戦になることも考えられます。ですので、転職をする前に準備しておくものを把握しておくと良いでしょう。

転職するために準備しておくこと

JOB

就きたい職業を明確にする

職業にはフリーエンジニアから貿易事務の求人まで多岐に渡っています。ですので、自分がなりたい職業に近いものを求人誌の中からピックアップしておくと良いでしょう。

履歴書を書いておく

履歴書は自分が卒業した学校名や習得している資格などを書く欄があります。間違えたまま提出すると評価が下がることがあるので、丁寧に時間をかけて書いておくべきです。

面接の練習をしておく

面接は個人で受けるところもあれば集団で受けるところもあります。特に集団ですと緊張してしまうことも考えられるので、家族や友達に協力してもらいトーク術を磨いておくのが得策です。

身だしなみを整える

面接をする際もそうですが、履歴書に貼る用の写真であっても身だしなみをチェックされていることがあります。ですので、写真1枚でも身なりを整えて撮影に挑むと良いでしょう。

期限をもうける

ダラダラと転職活動をしていたらいつまで経っても次の働き先を決めることができません。ですので、3ヶ月なら3ヶ月と決めてから転職活動を実行すると良いでしょう。

誰でも簡単に転職が可能『思い立ったが吉日』

履歴書

転職先を探そう

転職をするための準備が整ったのであれば、いよいよ転職を実行に移すのみです。最近では、ウェブサイトから簡単に転職先を見つけることができるので、活用してみるといいかもしれません。例えば出版業界で働きたいという場合は出版・編集の求人サイトを活用すると良いです。専門の求人サイトであれば他の職種の求人が掲載されていないため探しやすいと言えるでしょう。また、出版業界でも編集や営業、校正や書店員など幅広くあるので自分にぴったり合った職種を見つけて求人募集に応募すると良いです。

面接

資格がないなら

少しでも多くの給料を得たいのなら、理想ばかりを並べるのではなく資格を習得するのが先決です。しかし、費用面などが理由で資格習得が困難な状況にあるのなら、職業訓練を実施しているところに参加してみると良いでしょう。参加費が少額もしくは無料で授業を受けることができますよ。

女の人

数撃ちゃ当たる

京都で転職をするのであれば、1社に絞るのではなく複数の会社で面接を受けておくべきです。そうすることによって、より内定に近づくことができるようになるでしょう。

履歴書

ポジティブに変換する

万が一、今の職場に不満があって退社を決意していたとしても、それをそのまま履歴書に書いたり、面接時に言ったりするとマイナス評価になることもあります。例えば、今の職場が評価してくれないのであれば「スキルアップできる職場で働きたい」などの表現にすることができます。

[PR]
出版の求人を厳選紹介☆
未経験でも応募できる仕事アリ♪

探し方の違い

自分で転職先を探す

自由な時間がたっぷりあるのなら、自分で転職先を探すという手段もあります。会社の担当者と直で意見交換をすることができるのも魅力的と言えるでしょう。

派遣会社に頼る

現在仕事をしていて手が離せないというのなら、派遣会社に登録しておくと良いでしょう。あなたにあった職業をメールで紹介してくれるので、仕事を探す手間を省くことができますよ。

[PR]
貿易事務の求人をいくつも紹介
最良の職場を探そう

広告募集中